AGAかもしれないと思ったら

 

薄毛や抜け毛で悩む方はとても多いですが、その原因は様々です。

 

頭皮の栄養不足であったり、頭皮の毛穴に汚れや老廃物が詰まって毛が生えてこられなくなっていたりする場合もありますし、AGAという症状かもしれません。

 

AGAというのは男性型脱毛症で、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが過剰に分泌されているために起こる抜け毛や薄毛です。

 

 

AGA(男性型脱毛症)で髪が薄くなる仕組み

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつき、ジヒドロテストステロンとなります。

 

ジヒドロテストステロンはまだ成長お段階の髪や、生えたばかりの髪にまで「もう成長を止めて抜けろ!」と誤った信号を出してしまいます。

 

結果としてまだ抜ける段階でない髪のサイクルを乱して抜け毛が増え、薄毛になってしまうのです。これがAGA(男性型脱毛症)で薄毛になってしまう仕組みです。

 

これは、いくら育毛剤を使ってもシャンプーをノンシリコンに変えても効果がありません。

 

過剰なジヒドロテストステロンのせいで育毛サイクルが狂ってしまい、毛が正常に発育する前に抜けてしまうからです。

 

前頭部だけ、頭頂部だけなど、部分的に?げているタイプの方は、このAGAである可能性が高いかもしれません。

 

詳しくはクリニックで検査してみないとわからないのですが、育毛剤やシャンプーで効果がないというのなら、おそらくAGAと考えられるでしょう。

 

 

AGAになったら専門の病院でAGA治療を

 

この場合は治療法が確立されていて、フィナステリドという成分を服薬することでジヒドロテストステロンの生成を抑えられます。

 

男性ホルモンを抑えるので、性機能障害などが一時的に出ることがありますから、医師と相談の上で慎重に服薬する必要があります。

 

発毛クリニックなどで出してもらえる薬ですから、一度相談してみるとよいでしょう。